こんなものまで新亜光学工業株式会社が作っているの?

ケーブル事業を展開中

一言でケーブルといっても様々な種類があります。新亜光学工業株式会社はUSBケーブルや海底ケーブルの開発を手がけています。前者については汎用性が高く、且つ低コストなのでデバイスを所持している方であれば複数所持しているのも珍しくありません。

しかし耐久性が低く、すぐに断線する。ケースによっては事故が起きる可能性もゼロではありません。 後者の海底ケーブルは国内と世界をリアルタイムで接続している衛星放送やネット回線の安定化を図る為のケーブルです。沖縄周辺を始めに、様々な場所に張り巡らされています。海底は他に比べて阻害要因が少なくしっかりとメンテナンスを重ねれば、劣化しにくいのが特徴です。

これらのケーブル事業に参入している新亜光学工業株式会社ですが、元々カメラパーツなどの精密機器を開発している企業です。東京都豊島区に本社を構え、中国や韓国などにも現地法人を設けています。早い段階から海外進出を果たした結果、様々な事業で成功しています。複数の特許取得をしていて、技術力が高いのも新亜光学工業株式会社の大きな強みです。

輸送業も好評?

新亜光学工業株式会社はジャンルを問わず、様々な事業展開をしているのが特徴の企業です。創業当初から精密機器を輩出してきたこの企業は、近年輸送業も展開しています。輸送業と言えば各国から信頼されていないと成り立たない事業です、更に輸送時にある程度のノウハウがないと輸送品を傷つけてしまうケースもあります。

冒頭でも説明しましたが新亜光学工業株式会社は、精密機器を取り扱うプロです。よってノウハウはもちろんの事、どうすればダメージを与えずに輸送出来るかを熟知しています。この企業は自社船を2隻所有しています。クリーンルームを含む特殊な設備を導入し、輸送時には一度精密機器を解体して運んでいます。小さなパーツにした方が衝撃などのダメージを受けにくく、管理がしやすいです。

到着に合わせて再度組み上げるのですが、スタッフについても特殊なスキルや研修を受けているので心配無用です。新亜光学工業株式会社はモノだけはなく人と人、国と国を繋ぐサービスも展開しています。